よねづ歯科クリニック

杉並区石神井で歯科・歯列矯正・インプラントならよねづ歯科クリニック


EPARK病院
HOME»  治療システム

治療システム

相談

相談は、無料でおこなっております。ホームページを観て話を聞きたいと思われた方や、大まかな情報を知りたいと思われた方は、まずは気軽に相談してください。ただし、診療時間中は十分な時間がおとりできないことがありますので、お昼休みかもしくは診療時間後に行うこともあります。

 

検査方法

当クリニックにおける矯正治療の検査は、通常の矯正治療の検査に加え、歯列や顎顔面部の形態分析はもちろん顎の動きの機能的分析をおこなっております。以下にそれぞれを解決します。
 


(1) 模型分析 上下歯列の模型を製作し、顎と歯列の位置関係や動きをシュミレーションする装置である咬合器に模型を装着します。
そこで、顎に対する上下歯列の位置関係や噛合せを診査したり、上下それぞれの歯や歯列の形態や大きさを診査します
(2) セファロ分析 患者さんの正面と側面の顎顔面部のレントゲン写真を撮り、その人の骨格を分析し特徴をつかむ診査です。
形態と機能は密接に関連しあっていて、異常な形態が異常な機能を誘発することもあるしその逆も存在します。その人の形態的な不正を分析し、不正の要因を洞察することによって治療目標や治療方針を立案し、その人に適したオーダーメイドの正常咬合の獲得を目指します。
(3) 顎機能分析 顎機能を分析する装置として当クリニックではキャディアックスを採用しております。この装置は顎運動の中の特に顎関節の動きをトレースし分析します。具体的には口を開いたり閉じたり、前に出したり戻したり、さらには発音、嚥下、咀嚼、歯軋り運動などの機能運動をするときの関節の動きを見ながら機能的に不正があるかどうかを分析します。

 



以上が矯正治療時の特徴的な検査ですが、それ以外に一般的な歯科疾患の検査を必要に応じておこないます。検査には、時間と費用をかけますが、これらの検査をせず治療を始めるということは、患者さんの持っている潜在的な疾患を把握できないということになり、場合によっては治療中に口が開かなくなったり顎の関節が痛くなったりすることがあります。よって安全に治療を進めるためには、当クリニックにとって必須の検査であることをご理解ください。

 

 

検査結果、治療方針、治療法の説明

当クリニックにおいて、矯正治療医は二人存在します。ひとりは、歯列矯正医、もうひとりは顎機能矯正医(院長)です。
それぞれ専門分野があり、患者さんの主訴や不正咬合の状態を考慮し、どちらが担当するべきかを話し合ったうえ決定します。

 

お問い合わせ

ご質問・ご相談は お気軽にどうぞ!